浄水器

浄水器
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
浄水器(じょうすいき)は、水道水を給水栓(各家庭の蛇口)より後の段階できれいにするための機器である。有機物、次亜塩素酸およびこれに由来する化合物、カルシウムやマグネシウム、金属などの物質を減少させる。

類似の機能を持つ家庭用製品に浄水蛇口があるが、こちらは除去能力が低い代わりに構造が単純で安価である。




目次 [非表示]
1 使用目的
2 機能と原理
3 注意
4 形状・設置方法
5 関連
6 外部リンク



[編集] 使用目的
日本の水道水には水道法の定めにより、必ず次亜塩素酸が給水栓(例えば各家庭の蛇口)の時点で残留するように添加されている(残留塩素の項を参照)。このためウィルスや、大腸菌をはじめとする有害な微生物、有機物などは混入していても既に無害化されている筈であり、本来浄水器で取り除くべき対象とは言えない。万が一混入しているとすれば集合住宅などで清掃されていない給水タンクなど人為的な汚染源があるためであり、これを取り除くことが先決である。
次亜塩素酸と不純物とが反応して生じた化合物の一部(例えばトリハロメタンなど)には発ガン性があるとされ、日本での浄水器の主な目的はこの化合物の除去にある、とされる。しかし、これを本当に水道水から取り除く必要があるのか、必要なあるとすればどこまで取り除けば安全なのか、科学的な定説は未だに示されていない。化合物でない次亜塩素酸そのものは、人体内で胃酸によって塩化水素、すなわち胃酸自体の主成分に変化し、水道水では含まれる量も少ないことから、これを飲み続けてもまず害はない。また実際に日本の水道水で次亜塩素酸化合物によって人体に何らかの被害が発生したとの報告も皆無である。この点での浄水器の効果に対する評価は未だ一様ではない。
クリプトスポリジウムなど次亜塩素酸に強い一部の原虫は、最近では浄水場の管理が徹底されるようになってまず混入はないと考えられるが、通過する物質の大きさが概ね1マイクロメートル以下(マイクロメートルはミリメートルの千分の一)のフィルタか精密ろ過膜を通せば十分に取り除くことができる。
欧米で家庭用浄水器が発達した主な理由は、大陸で河川の長さが日本よりも長いため、水道水に炭酸カルシウムや炭酸マグネシウムなど地表に広く存在する物質が大量に溶け込んでおり(これを「硬度が高い」「硬水である」と言い表す)、これによって料理の味が変わったり、場合によっては直接飲用すると下痢などの症状を起こすためである。しかし日本では河川の長さが短く、全国的にみても水道水中のカルシウムやマグネシウムの量は飲用に適した濃度にとどまっている(「硬度が低い」「軟水である」と言う)ため、必ずしも除去すべき対象とは言えない。
他に、水道水には水道管や給水タンクが古くなって劣化することなどにより金属などの不純物が混じっていることがあり、これらを取り除くことも目的とされる。また、開発途上国などで水道水の殺菌や不純物の除去が不完全である場合は、それぞれに適した機能を持つ浄水器が有効となる。
タグ:浄水器
posted by 浄水器、 浄水器 カートリッジ, at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35945613

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。