客が断ると「この家の水道水は体に悪い」として、100万円ほどの浄水器を買うように勧誘。さらに客が渋った場合は、シャワーヘッドの部品を「初回は無料で交換する」

 住宅リフォームに関するうその説明で床下改修などの高額な契約を取り付けていたとして、中部経済産業局は10日、名古屋市中区大須三のリフォーム会社「シェルコーポレーション」に対し、特定商取引法違反(不実の告知、迷惑勧誘など)の疑いで6カ月の業務停止命令を出す。

 被害は東海地方以外に長野や広島など広範囲に及び、家主が自分で床下などの点検をしにくい高齢者世帯が目立つ。「無料点検」と称して家に上がり込む点検商法で、2006年以降、約400件の契約で8億円ほどを売り上げたとみられる。

 関係者によると、同社は倒産や廃業をした別のリフォーム会社の顧客名簿を入手し、2人一組の営業担当者が各戸を訪問。実際は改修の必要がないのに「床下の湿気がひどい」などと持ち掛け、防湿剤をまくなどの簡単な工事で、1件100万円から200万円ほどの契約を結ばせていた。

 客が断ると「この家の水道水は体に悪い」として、100万円ほどの浄水器を買うように勧誘。さらに客が渋った場合は、シャワーヘッドの部品を「初回は無料で交換する」と説明、2回目からは数千円が自動引き落としされる契約書に強引にサインさせていたという。

 同社はホームページで「建築や設計施工に関するあらゆる相談に乗る」と宣伝。国民生活センターには年間約50件の苦情や相談があり、中部経産局が昨年9月、同社と関連先に立ち入り調査していた。

2008年1月10日 14時48分(中日新聞)より転載

 

タグ:浄水器
posted by 浄水器、 浄水器 カートリッジ, at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。